<< 苛立たしい点が梅田ではあります | main | 大人の日記を梅田でチェックしよう >>

梅田で電灯がなかった時代

0


    スマートフォンで遊んでいるとき
    見たこともないキャラクターに出会うこともある

    『梅田』は、谷崎潤一郎のエッセイです。この記事では、現在の電灯がなかった時代とは異なる、日本の美、生命、自然の感覚を融合させ、フーガの骨髄を真に知った日本人の芸術的感性について考察します。谷崎の代表的なレビュー作品は、関西に引っ越してきた梅田が日本古典復帰に目覚めた頃のエッセイです...
    言うらしい
    プライムタイム "

     

    夕日を見る
    梅田
    私の周りの空気さえ
    輝く黄金
    暗闇に閉じ込められる前に
    瞬間を逃すかのように

     スカイツリー4月

     

    スカイツリー4月
    凛とした空気の中で

    umeda986 * - * 11:39 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ