<< たくさんの梅田での実話を混ぜています | main | 梅田の一部のファンは幸せです >>

すでに暗闇に包まれていた梅田

0

    その梅田なことを知らない人のために働かなければならない
    決して考えない
    できない
    梅田が回る

    -では行きましょう

    夫と私と一緒に車が到着すると、すでに暗闇に包まれていました
    あなたの夫に従ってください

    Cafe La Pause(梅田)

    -私はどうなりますか?

    不確実な不安によって押しつぶされるようです
    涙だらけ

    「ここ」白い壁の後ろにドアがあった
    マスターがドアを開けると
    背の高い男がスーツを着ていた
    梅田を見つめる会話

    すぐに彼は私を見た
    柔らかい声でささやきます
    「待っていた」
    大きな腕が私の体を空中に浮かぶ

    そっと寝かせたら
    スーツを脱ぎ始めた

    ドキドキは止まらない

    彼が裸であることを確認したマスター
    ソファに座ってリラックス

    「あなたも」突然彼は私の唇を噛みました

    umeda986 * - * 16:24 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ