<< 梅田での時間は今日は近づいています | main | たくさんの梅田での実話を混ぜています >>

スーツを着た梅田の見知らむ人

0

    る私の前に立っている梅田

    私の年齢は私よりも若く見える
    灰色のスーツを着た足の黒い梅田

    赤ちゃんの顔のように見える顔
    未知の顔だった

    見知らぬ人が私に微笑んで話しかけようとしていた

    梅田で食べたい幸せのパンケーキ

    初夏の緑の葉のような華麗な声は爽やかです

    なんとなく胸に届く

    胸元がすっきり


    その夢の中で

    あの人

    私の梅田にいる

     

    あれは

    私と彼

    始まりでした

     

    *****

    これは
    小説
    それはフィクションです

    umeda986 * - * 16:20 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ